再び脚光を浴びる90年代・Y2Kの長年愛され続ける人気バッグ

90年代と2000年代初頭の自由奔放で冒険的な精神を求める今日、ファッションは現代的なアレンジを加えつつ、その時代へ私たちを連れ戻すスタイルに注目しています。

今回復活しているトレンドの1つは、最新のランウェイショーでモデルたちの腕や肩に自然に掛けられている、アイコニックな90年代とY2K時代のバッグスタイルです。

これらの時代のバッグの人気が高まる中、ファッションブランドは多くのデザインを再びカレントコレクションに取り入れたりしていて、以前愛されていたバッグへの需要も大きくなってきている今日。

そこで今回は、時代を超えて愛される高品質なファッションバッグを紹介していきます。

安心して試せる
\ 30日間サイズ交換保証付き /

目次

FENDI バゲットバッグ

1990年代の象徴的なバッグと言えば、Fendi(フェンディ)のバゲットバッグを外すことは出来ません。

バゲットバッグは、1997年にSilvia Venturini Fendi(シルヴィア・ヴェントゥリーニ・フェンディ)によってデザインされ、フランス人がバゲットを日常的なアクセサリーとして腕の下で持つ伝統的な姿からインスピレーションを受けました。

長方形型の形状とダブルFロゴの留め金が目を引き、セックス アンド ザ シティの登場人物である”キャリー・ブラッドショー”が愛用したことで一世を風靡し、「It’s a Baguette」という有名な言葉で広く知られることとなりました。

DIOR サドルバッグ

DIOR(ディオール)ブランドの中で最も有名なバッグの1つである”サドルバッグ”は、2000年春夏コレクションのためにデザインされたもので、90年代のスタイルを彷彿とさせるバッグとなっています。

DIORの有名なロゴが施されたサドルバッグは、スタイルリーダーたちの間で人気が高まり、2018年以降、クリエイティブディレクターであるマリア・グラツィア・キウリによって再リリースされ、今もなお人気を博しているバッグとなっています。

HERMES ケリー

HERMES(エルメス)のケリーバッグは、1923年にロベール・デュマによって作られ、1935年に再設計されました。

しかし、ケリーが真に脚光を浴びたのは50年代で、グレース・ケリーが妊娠したお腹をパパラッチから守るためにこのバッグを身に着けたことがきっかけで、その魅力はさらに増し、世界で最も人気のあるバッグの1つとしての地位を確固たるものにしました。

元々は違う名前で販売されていたケリーですが、1977年にグレース・ケリーの名前にちなんで改名。

一時期は人気が低迷していたものの、90年代にスタイリッシュに復活したケリーバッグは、現在も世界で最も憧れられ、コレクションされているアクセサリーの一つです。

BALENCIAGA シティバッグ

BALENCIAGA(バレンシアガ)の元クリエイティブ・ディレクターであるニコラ・ジェスキエールは、2001年にクールの新しい基準を設定するバッグを作り上げました。

長いレザータッセル、小さなバックル、銀のスタッズ、小さな鏡など、細部にこだわったボリュームのある形状で知られるシティバッグは、当初は販売される予定はありませんでした。

しかし、ケイト・モスやオルセン姉妹などのスタイリッシュな女性たちの心を鷲掴みにし、25点しか生産されなかったバッグは、強烈な需要に応えて一般販売され、瞬く間に不朽の名作となりました。

今日でもシティバッグは、ニコラ・ジェスキエールのビジョン溢れるデザインとバレンシアガの影響力を示す、タイムレスなエレガンスとモダンなクールの象徴となっています。

PRADA ナイロンバッグ

PRADA(プラダ)のナイロンバッグは、1984年にデビューして以来、最近再び人気が復活しています。

ミウッチャ・プラダによってデザインされたこのバッグは、レザーグッズの専門家であるプラダにとっては異例のものでした。しかし、その実用性と汎用性は、魅力を失うことなく実現することができ、多くの人々から即座に支持されることになりました。

しかし、その後の数年間でバッグは失速し、90年代後半から2000年代初頭にかけて復活し、最も求められるビンテージスタイルの1つとなりました。

Louis Vuitton モノグラム

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)は、ルイ・ヴィトンの息子ジョルジュ・ヴィトンが父親へのオマージュとしてデザインした有名なLVモノグラムで知られています。

1896年の発案以来、LとVのインターロッキングシンボルは、フランスのファッションブランドの多くのバッグに特色を与えていて、ルイ・ヴィトンの多くのバッグやアクセサリーに登場しています。

最も人気のある2つのスタイル、ルイ・ヴィトンのスピーディとネバーフルは、何十年もの間、ファッショニスタたちに愛され、90年代後半から2000年代初頭に再び人気を集めました。

現在、Y2Kトレンドの流行により、世界で最も認知されているモノグラムの1つを備えたルイ・ヴィトンのバッグは、その永遠のスタイルにより再び人気を集めています。

CHANEL グランドショッピングトートバッグ

CHANEL(シャネル)はバッグブランドの象徴的な存在ですが、2000年代初頭に絶頂期を迎え、2015年に生産終了した「グランドショッピングトートバッグ(GST)」がありました。

GSTは90年代後半に様々なカラーで登場し、クラシックな黒や鮮やかな赤が特に人気を博しました。

ボックス型で構造的なトートバッグのデザインには、CCロゴ、ダイヤモンドキルトステッチ、レザーチェーンストラップなど、シャネルの代表的な要素が取り入れられており、洗練された実用的なアクセサリーとして人気を博しました。

GSTは現在生産されていませんが、それでも中古市場などでは高く評価され、そのタイムレスな魅力と持続的な人気を証明しているバッグの1つです。

編集後記

今回ご紹介してきたバッグは、90年代と2000年代初頭のトレンドの象徴であり、今日のファッションシーンでもなお人気を集めていて、その独自のデザインやヴィンテージ感、そして時代を超えた美しさが魅力的であることから、多くの人々に愛され続けています。

ファッションは常に変化していくものであり、新しいトレンドが現れ続けますが、これらのバッグは、今後もその美しさと魅力を保ち続けてくれると思います。

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、当社はその責を負いませんので予めご了承ください。

安心して試せる
\ 30日間サイズ交換保証付き /

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次