旅行時にも活躍してくれるオススメBAG in 2023

旅行は日常から離れて新しいものに出会える機会が多くて、さまざまな体験やリフレッシュ出来るのが良いですよね。そんな旅行にお気に入りのバッグを持っていけば、気分も上がりより旅の時間が素敵なものになることも。

そこで今回は、旅行などに一緒に連れて行きたくなるような機能的で素敵なバッグをブランド別にご紹介させて頂きます。

安心して試せる
\ 30日間サイズ交換保証付き /

目次

Louis Vuitton(ルイヴィトン)

Louis Vuitton(ルイヴィトン)は、1854年に創始者のルイ・ヴィトンが、当時のトラベラーに合わせた高品質のスーツケースを作り上げることを目的として、フランスのパリにアトリエを開いたことで始まりました。

そのため、創業当時から一貫しているブランドのテーマは「旅」と言われており、旅に関連したバッグやアイテムを多く取り扱っています。その中でも特に有名なのは、ブランドの名前を一躍有名にするキッカケとなったトランクケースです。

以降、ルイヴィトンはトラベルグッズを中心とした高級ブランドとして世界中に知られるようになり、現在では時代と共に進化をし、高品質で魅力的なデザインを兼ね備えた、トラベルに最適なバッグを世に送り出しています。

オール・イン MM

IMAGE: LOUISVUITTON

「オール・イン MM」は、折り畳みが可能なトラベルバッグで、柔らかい革を使用していることでしなやかなシェイプとなり、荷物の量に関わらず、スタイリッシュに持ち運ぶことが出来るバッグとなっています。

サイズは50×36×21cmと大容量で、トラベルとしてはもちろん、日常のお買い物シーンなどでも活躍してくれますし、バッグのハンドルが長めなので、冬に嵩張るようなコートを着用していても肩に掛けやすくなっています。

マチも21cmと広いので、見た目以上に収納力があり、またバッグの開口部も広々としているので、物の出し入れにストレスを感じることもなく使用できるのも嬉しいです。

キーポル・バンドリエール

IMAGE: LOUISVUITTON

ルイヴィトンを象徴するモノグラムのデザインで、肩にかけることが出来て、取り外し長さ調整も可能なレザーストラップが付属しているので、重い荷物も持ち運びがしやすい高級感のあるトラベルバッグです。

IMAGE: LOUISVUITTON

また定番のモノグラム柄だけでなく、人気のダミエ柄もあり、どちらもルイヴィトンらしいデザインでとっても可愛いです。他にも沢山デザインが取り揃っているので好みのものが見つかると思います。

またサイズは4種類展開されていて、旅行日数や荷物の多さで選ぶことができます。

幅×高さ×マチ
4545×27×20cm
5050×29×23cm
5555×31×26cm
6060×34×27cm

GUCCI(グッチ)

GUCCI(グッチ)の創業者であるグッチオ・グッチは、イタリアのフィレンツェで生まれましたが、ロンドンで一旗上げようと決心しロンドンへ行き、ロンドンの最高級ホテル「ザ・サヴォイホテル」で職を得ることが出来ました。

そこで出会った富裕層やセレブのファッション、バッグなどに感銘を受け、ブランドのアイテムのデザインにも影響したと言われています。その為、ブランドを創業した当初は、旅行バッグや高級革製品を主に取り扱っていました。

そんなブランドの原点が「旅」にあるグッチですが、最近グッチのトラベルコレクションに、新たに「Gucci Savoy」が発表されました。このコレクションでは、グッチの伝統的なデザインのトラベルアイテムが多数揃っています。

IMAGE: GUCCI

Gucci Savoyコレクションのバッグは、グッチらしいキャンバス柄にグリーンとレッドのライン、ダブルGの金具がアクセントになった、伝統的でエレガントなデザインになっていて、グッチの歴史を物語る要素が、随所に散りばめられています。

Savoy GG ダッフルバッグ

IMAGE: GUCCI

Savoyのダッフルバッグは丸みのあるフォルムが可愛く、バッグ自体がしっかりと自立する作りなので、たくさん荷物を入れても形が崩れる心配がありません。

長さ調節と取り外しができるストラップや、レザーキーフォルダー付きの鍵が付属されていたりと、機能性とデザイン性の両方を兼ね合わせています。

サイズはミディアムとラージの2種類。

幅×高さ×マチ重さ
ミディアム44×27×24cm1700g
ラージ52×30×29cm3020g

Savoy GG トロリーバッグ

IMAGE: GUCCI

Savoyのトロリーバッグは、グッチを象徴する素材であるGGスプリームキャンバスが施されたキャリーバッグになっていて、時代を超越する不朽のデザインが旅を素敵に彩ってくれます。

一緒に旅をしたくなるクラシカルなデザインに、360度回転するキャスターが4つ付いているので、荷物をスムーズに持ち運びできるのも嬉しいです。

IMAGE: GUCCI

バリエーションは3種類から選ぶことができ、配色とカラーコンビネーションが変わるだけで雰囲気も大きく違うので、お気に入りを選ぶことが出来ます。またサイズはミディアムとラージの2種類展開。

幅×高さ×マチ容量
ミディアム45×64×30cm51L
ラージ45×73×30cm68L

CELINE(セリーヌ)

CELINE(セリーヌ)は、フランスのパリで創業。当初は婦人用のハンドバッグと靴を製造・販売するブランドでしたが、時代とともに進化しながら品質とスタイルを追求し、現在では高品質で上品なデザインアイテムも多数で、多くの女性から支持を得ています。

「女性らしくありつつも自立しているアクティブな女性」というようなセリーヌのブランドコンセプト通り、さまざまな世代の女性たちからエレガントでシンプルな大人の女性というブランドイメージが定着しています。

特に、バッグや革小物、アパレル全般が有名で、その品質の良さとブランドスタイルの信用性と人気により世界中に愛されているブランドです。

そんなセリーヌからも旅行時に使用できるおすすめバッグがあります。

ボストンバッグ トリオンフキャンバス&カーフスキン

IMAGE: CELINE

パリの凱旋門のチェーンから着想を得たトリオンフを、ヴィンテージ風に全面にプリントした上品なボストンバッグ。生地にはコーティングキャンバスが使用されているので、軽くて耐久性に優れています。

シンプルで落ち着いたデザインは、どんなコーデにも合わせやすく、また年齢問わず使えるタイムレスでエレガントな雰囲気を纏っている、一生ものの旅行バッグとしてもピッタリです。

サイズは31×20×17cmなので、ちょっとした旅行などには最適なサイズとなっています。

SAINT LAURENT(サンローラン)

SAINT LAURENT(サンローラン)は、1961年にフランスのパリで創業されたブランドで、時代に先駆けて、ユニセックスなスタイルやトラディショナルなメンズファッションの概念を打ち破り、女性のセクシーで自由なイメージを作り上げました。

創業者である「イブ・サンローラン」のデザインは、今なお世界中で高く評価されていて、大きな影響力を持ち、サンローランも世界中で人気のハイエンドブランドとして知られています。

そんなサンローランは、モードでエッジの効いた、エレガントなアイテムが多数揃っています。ぶんんどネームも以前までは創業者の名前をとって「イブ・サンローラン」というブランド名でしたが、2012年に現在の「サンローラン」に名前が変更されました。

ダッフルバッグ ジャイアントボーリング

サンローランのダッフルバッグ “ジャイアント ボーリング”は、大容量のトラベルバッグとして大人気で、高品質なカーフスキンを使用して作られていて、エンボス加工も施されているので、柔らかく手触りが心地よいのが特徴です。

また、傷や汚れが目立ちにくい加工なので、荷物や移動の多い旅行でも安心して使えますし、大きくて丈夫なチューブレザートップハンドルがついているので利便性も抜群。

調整や取り外し可能なストラップが付いているので、肩に掛けて持ってもシックで可愛いです。性別や年齢を問わず使えるデザインなので、家族で共有することが出来るのも嬉しいポイント。

まとめ

いかがでしたか?どのバッグも機能的に優れているだけでなく、とっても上品で旅行に持って行くのにも最適なものばかり。さらにタイムレスなデザインなので一生ものとして使えるトラベルバッグでした。

旅行には、リラックスやリフレッシュをするようなゆったりとしたものから、新しい体験やアクティビティ、思い出作りなど多岐に渡りますが、どんな旅行にも一緒に連れて行きたくなります。

ぜひ、旅のお供になるバッグを見つけてください。

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、当社はその責を負いませんので予めご了承ください。

安心して試せる
\ 30日間サイズ交換保証付き /

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次