オンライン診療で安全にピルを処方してもらう|避妊と健康管理

PR:Medvice株式会社
CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR

安心して試せる
\ 30日間サイズ交換保証付き /

目次

ピル(経口避妊薬)とは?

ピルは女性の卵巣でつくられる、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類のホルモンが配合されたお薬で、内服することでホルモンバランスを調整し、避妊や女性の健康管理に広く用いられています。

ピルの効果は服用している間に限られるので、服用をやめると体は服用前の状態に戻ります。

ピルの効果

避妊効果
月経関連の調整
排卵の抑制
子宮内膜症の治療と予防

排卵を抑制することで妊娠のリスクを減少させ、高い避妊効果が得られたり、月経関連の調整では、特定のイベントや旅行に合わせて月経をコントロールすることが可能です。また、不規則な生理周期の正常化にも役立ち、月経不順の調整にも有効。

月経困難症や過多月経に悩む女性には生理痛や異常な出血量を軽減する効果があり、月経前症候群(PMS)に対しても有効で、気分の変動や身体的不快感を軽減してくれます。

さらに子宮内膜症の治療と予防においても重要な役割を果たし、子宮内膜の異常増殖を抑制し、症状の緩和や発症リスクの低減が期待できます。

ピルの種類

超低用量ピル
低用量ピル
中用量ピル
アフターピル

超低用量ピル

「月経困難症」や「子宮内膜症」の治療目的で使用される。

低用量ピル

避妊や生理痛・肌荒れ改善などで使用される。

中用量ピル

月経移動や、生理不順、過多月経、月経困難症などの改善で使用される。

アフターピル

緊急の避妊目的として使用される

低用量ピルの種類

世代と相性(そうせい)

スクロールできます
世代黄体ホルモン特徴主なピル
第一世代ノルエチステロン 月経困難症
ニキビ・肌荒れ
シンフェーズ
フルウェル
ルナベル
第二世代レボノルゲストレル 月経周期が安定 トリキュラー
ラベルフィーユ
ジェミーナ
第三世代デソゲストレル ニキビ治療
多毛症の改善
マーベロン
ファボワール
第四世代ドロスピレノン 月経困難症
子宮内膜症
ヤーズ
ヤーズフレックス

ピルの服用方法と副作用

比較的よく見られる副作用

吐き気や頭痛、不正出血、乳房の張り・痛み

特に内服し始めの1~3ヶ月程度に多いと言われています。内服を続けると軽くなることが多いです。

注意が必要な副作用

血栓塞栓症脚の血管の中に血液の塊(血栓)ができること、また血栓が流れて肺や脳の血管を詰まらせる(塞栓)こと

ピルを服用している人の10万人に5人程度の割合で発症するとされています。 内服開始後3ヶ月以内が最も多いため、飲み始めは特に血栓症の兆候が出ていないかを定期的に確認していくことが重要です。

低用量ピルの副作用

低用量ピル(経口避妊薬)の使用には、いくつかの副作用が伴う可能性があります。しかし、これらの副作用は個人によって異なり、多くの場合、時間が経過するとともに軽減されます。ここでは、一般的な副作用について解説します。

一般的な副作用

  • 吐き気や胃の不調
  • 頭痛・偏頭痛
  • 体重の変化
  • ニキビ
  • 気分の変動やイライラ感
  • 胸の張りや痛み

副作用は、多くの場合、一時的かつ軽度であり、時間が経過すると共に改善されることが一般的です。しかし、個人差が大きいため、自分自身の体の変化を注意深く観察し、副作用が重度である場合や、時間が経っても改善が見られない場合は、必ず医師に相談することが重要です。

また、自身の体調や症状に不安を感じる場合も、専門医のアドバイスを求めることが推奨されます。

ピルの個人輸入の危険性

  1. 偽造品のリスク
    個人輸入によるピルは、本物と見分けがつきにくい偽造品である可能性があります。これらの偽造品は効果がないだけでなく、場合によっては健康を害する成分が含まれていることもあります。
  2. 品質保証の不足
    個人輸入されたピルは、厳格な品質管理プロセスを経ていない可能性があります。これにより、不純物が含まれていたり、有効成分が不適切な量であるリスクがあります。
  3. 正しい情報の欠如
    個人輸入したピルには、正しい使用方法、副作用、対象外の条件などの重要な情報が不足していることがあります。これにより、誤った使用や予期せぬ健康リスクが生じる可能性があります。

参考URL

これらのリスクを避けるためには、医師の診察を受けて、適切なピルを処方してもらうことが最も安全です。

低用量ピルのクリニックフォア」

月間5.8万人以上が利用

都内を中心に全国展開をしている医療機関
日本製の国内承認薬を多数取り扱い

オンライン診療の利点

オンライン診療を利用することで、以下の利点が得られます。

専門医による適切な処方
医師は、あなたの健康状態やニーズに応じて最適なピルを選択し、処方します。

安全性と効果の保証
正規の医療機関から処方されたピルは、厳格な品質管理を経ており、安全性と効果が保証されています。

正確な情報と指導
医師は、ピルの正しい使用方法、副作用、注意すべき点など、必要な情報を提供し、適切な指導を行います。

オンライン診療で処方してもらう方法

STEP
診察予約

希望日時を選択して予約

STEP
医師との診察

カメラ、マイク付きのスマホやパソコンで診察

STEP
配達

最短翌日到着

低用量ピルのクリニックフォア」

月間5.8万人以上が利用

都内を中心に全国展開をしている医療機関
日本製の国内承認薬を多数取り扱い

ピルに関するよくある質問

ピルに関してよくある質問とその回答をまとめました。ここでは、ピルに関する基本的な疑問を解消することを目的としています。詳細については処方して頂く医師に確認してください。

ピルを飲み始めると、いつから避妊効果がある?

ほとんどのピルは、周期の最初の日から飲み始めるとすぐに避妊効果があります。ただし、周期の途中で飲み始める場合は、最初の7日間は追加の避妊手段を使用することが推奨されます。

ピルを飲むと体重が増える?

体重の変化は個人差がありますが、多くの女性はピルの使用による大きな体重変化を経験しません。体重が気になる場合は、バランスの取れた食事と運動を心掛け、医師に相談することが重要です。

ピルの服用をやめたら、すぐに妊娠できる?

ピルの服用をやめると、多くの女性はすぐに排卵が再開します。しかし、妊娠するまでの時間は個人差があり、数ヶ月かかる場合もあります。

他の薬を飲んでいても大丈夫?

飲んでいる薬がある場合は、診察時に医師へ伝えて相談することが重要です。

免責事項

当サイトに掲載する情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性、安全性等については、いかなる保証を行うものでもありません。また、当ウェブサイトの内容や情報は、あくまでも掲載時点における情報であり、予告なく変更・改訂される場合や、時間の経過により掲載情報が実際と一致しなくなる場合等があります。
情報が不正確であったこと及び誤植があったことにより生じたいかなる損害に関しても、また、掲載情報に基づいて利用者が下した判断および起こした行動によりいかなる結果が発生した場合においても、当社はその責を負いませんので予めご了承ください。

安心して試せる
\ 30日間サイズ交換保証付き /

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次